実家の問題に巻き込まれて終活どころではない予感

2019.08.04 19:13|未分類
先週、夫の叔母の様子を見に
3カ月ぶりに施設を訪問して来た。
叔母は私達の顔を覚えていてくれて、暴言などもなく
精神的にも、かなり少し落ち着いていた。
事務的な手続きなど、まだ問題は残っているけど
とりあえず、一安心。

一昨日は、私の実家の両親と妹家族との食事会があり
夫と電車で2時間かけて出かけて来た。
年に2回あるこのイベントが憂鬱で仕方ないけれど
娘夫婦としての務めと割り切り、皆で楽しい時間を過ごせるように
努力している。

今回も、妹の夫が来ていなかった以外は
いつもと変わらず、半年ぶりに会う1歳の姪っ子も大きくなっていた。
ところが…
帰る間際、トイレで妹と二人だけで話す機会があった。
そこで、妹から離婚することになったと告げられた。
驚いたと同時に、やっぱりねと思った。
私達夫婦は、昔からそういう勘が鋭く
妹の結婚当初から、長続きしないような気がしていた。

でも、結婚してすぐに子供が出来たので
なんとか添い遂げて欲しいなと思っていた。
子供が成人するまでとは言わなくても
せめて、父親と暮らした記憶が残るまでは
続いて欲しかった。
けれど…
妹の話では、妊娠中から夫のDVが始まっていたようで
まだ子供に危害が加えらていない今のうちに
シングルマザーになる決意をしたらしい。


私は5歳の時に両親が離婚して、父親に引き取られた。
9歳の時に父が再婚し、13歳の時に妹が生まれた。
なので、せめて姪っ子には、生まれた時から両親がいる
普通の家庭で育って欲しかった。

まだ1歳で、親の事情はわからないだろうけど
父親がいない、妹が再婚したとしても
継父との暮らしになる。
それが、不憫でならない。

私達夫婦には子供がいないけれど
現在は近所に住む一人暮らしの義母の日常と食事の世話
その義母の妹である叔母の事などで
常に頭を使っている状態。

ここに、今度は妹と姪っ子問題が加わるのだろうか…
妹は、多分私達夫婦を頼りにしたいのだろう
近々我が家の方に遊びに行きたいと言ってる。

親の問題、叔母の問題が片付いたら
終活の方にシフトして
趣味を楽しみながら、のんびり老後の生活を考えようと思っていたのに
なんだか、それだけでは済まされない予感…

関連記事

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

Comment

非公開コメント

ページトップへ